今日の一句

2022年5月

1日(日)

2日(月)

3日(火)

4日(水)

5日(木)

6日(金)

7日(土)

8日(日)

9日(月)

10日(火)

11日(水)

12日(木)

13日(金)

是清邸波打つ玻璃へ風薫る

伊豆六郎

14日(土)

たこ焼きの丸くなりゆく暮春かな

ちかこ

15日(日)

春の雷五分遅れの列車来る

踏まれ麦

16日(月)

旅ごころ捨てきれぬまま立夏かな

17日(火)

揚雲雀さがして見えた昼の月

とみさん

18日(水)

風吹いて光しぶきとなる立夏

里すみか

19日(木)

石積みの古城に群れし岩燕

ゆっここ

20日(金)

食卓の大盛カレー夏に入る

天風

21日(土)

公園は年寄りばかり子供の日

マチ

22日(日)

ひこうき雲五月の空を半分こ

五六磨

23日(月)

ペチュニアや話し上手で聴き上手

ゆっここ

24日(火)

四十雀飛ぶや補助線引くやうに

ちかこ

25日(水)

26日(木)

27日(金)

28日(土)

29日(日)

30日(月)

31日(火)

2022年4月

1日(金)

天平の夢覚めぬれば春の鹿

冬熊猫

2日(土)

花招き花散らしてや涅槃西風

倒福

3日(日)

枯れぬよう私も花も春の水

ようえん2

4日(月)

春の土踏んで故郷の人となる

マチ

5日(火)

芭蕉碑や春風とゆく隅田川

伊豆六郎

6日(水)

幾度目の菜の花の咲く更地あと

伊達紫檀

7日(木)

しゃぼん玉空濡らすほど吹いたなら

桜月

8日(金)

擦り傷にチチンプイプイ風光る

9日(土)

薔薇芽吹き町にひとつの珈琲店

ちかこ

10日(日)

バックミラー雲より白き雪柳

冬熊猫

11日(月)

蒲公英やそこは臨時の駐車場

冬熊猫

12日(火)

あひづちはやがて寝息に夜半の春

大浦みもざ

13日(水)

古傷のひとつやふたつ木瓜の花

14日(木)

山城の見え隠れする花の雲

のんき

15日(金)

平和への願いがぽっと紫木蓮

ざき

16日(土)

友のふみ余白残して春惜しむ

源次郎

17日(日)

嫋やかな鯉の尾鰭や春の池

伊豆六郎

18日(月)

花冷えや木匙に掬ふ茶碗蒸し

天風

19日(火)

登校の黄帽子眩しフリージア

冬熊猫

20日(水)

旨き茶へ間引く古葉や春の空

伊豆六郎

21日(木)

ひとひらの雲の軽さよ花万朶

里すみか

22日(金)

たっぷりと命をふくむ春の筆

ようえん2

23日(土)

春愁や古き螺鈿のおるごおる

のんき

24日(日)

囀りや竹林ぬける風蒼き

田絵

25日(月)

ほどほどにこの世を生きて花明り

26日(火)

しまい風呂窓に薄ら朧月

マチ

27日(水)

永き日や青春きつぷ足任せ

伊豆六郎

28日(木)

囀りを残し雲間へ揚雲雀

ゆっここ

29日(金)

30日(土)

2022年3月

1日(火)

海上に風の道あり木の芽張る

だらのん

2日(水)

薄氷に写る陽の色空の色

のんき

3日(木)

なめらかに整ふ雨後の春の土

冬熊猫

4日(金)

囀りや小さき古墳の二つ三つ

5日(土)

にびいろの花鋏より春の音

天風

6日(日)

ひとつづつぬくもりもらふ猫柳

桜月

7日(月)

ヒヤシンス先生あのね保健室

ふゆみん

8日(火)

軽トラの幌膨らんで春動く

toshie

9日(水)

青い目は高嶺の花か猫の恋

紫檀

10日(木)

青空や蝋梅吾に咲きこぼれ

伊豆六郎

11日(金)

耳鳴りの真ん中を突く春疾風

12日(土)

良い夫婦演じ疲れて春休み

静寂

13日(日)

白梅のほどける朝の薄むらさき

里すみか

14日(月)

紙飛行機ひとつ机に卒業す

桜月

15日(火)

国境の無き大空へ鳥帰る

雪うさぎ

16日(水)

春光を集めて鷺の羽眩し

伊豆六郎

17日(木)

梵鐘の跡の陽だまり白菫

ほへと

18日(金)

海岸に残る寺あり花御堂

だらのん

19日(土)

振り子揺れ春眠誘う掛け時計

ゆっここ

20日(日)

返事にも個性のありて山笑ふ

のんき

21日(月)

春愁やインクの切れしボールペン

田絵

22日(火)

戦争をやめてください東北忌

ざき

23日(水)

春障子開けて野の香を招く朝

ゆっここ

24日(木)

古ミシン母のメモあり針供養

静寂

25日(金)

ミモザ抱き信号渡る白い杖

星子

26日(土)

パンひとつ分け合ふことも震災忌

27日(日)

洗い物する間に開くチューリップ

やまぶき

28日(月)

一夜雨大きく春の動きけり

マチ

29日(火)

菜の花やたまごサンドの美味き店

30日(水)

野遊びや花かんむりは未完成

ちかこ

31日(木)

春の雨三分遅れを車掌詫び

土井あくび

2022年2月

1日(火)

冬萌えや雑木に鳥の聲渡る

ゆっここ

2日(水)

押弦の爪を整へ初稽古

のんき

3日(木)

大寒やビル風荒ぶ空狭し

伊豆六郎

4日(金)

大寒や列車ダイヤと受験票

紫檀

5日(土)

指先へ血潮のとどく四温かな

田絵

6日(日)

薪爆ぜる暖炉に集う雪の宿

ようえん2

7日(月)

折り鶴へ吹き込む息や春隣

8日(火)

コーヒーの冷めて筆置く雨水かな

ゆっここ

9日(水)

文机に猫と夕刊日脚伸ぶ

大浦みもざ

10日(木)

梅一輪咲いたと遺影の母に告ぐ

玉依

11日(金)

日脚伸ぶ猫缶ひとつ買ひにゆく

里すみか

12日(土)

初恋の無口なるかな冬林檎

ふゆみん

13日(日)

梅の花まだ一輪の息づかひ

桜月

14日(月)

縫針の滑り良きかな日脚伸ぶ

田絵

15日(火)

オチのない話聞いてるブロッコリー

ふゆみん

16日(水)

春兆すナースキャップのピンク色

桜月

17日(木)

寒しじみ椀にあふるる湖の色

18日(金)

盆梅の一輪ほころぶ窓辺かな

ゆっここ

19日(土)

春寒やワルツ奏でる駅ピアノ

伊豆六郎

20日(日)

年老いてなお書を積みし春炬燵

愛瞳

21日(月)

保護犬を「はる」と命名春来る

桜月

22日(火)

空耳に母の聲きく針供養

23日(水)

潮騒に海女の笑顔や磯菜摘む

静寂

24日(木)

俯いて仄かに灯す待雪草

伊豆六郎

25日(金)

争い無き空を選んで帰る鳥

マチ

26日(土)

寒暁になほもオレンジ濃くなりぬ

だらのん

27日(日)

春浅し山肌をゆく雲の影

冬樹立

28日(月)

淡雪や消え急ぐもの残るもの

田絵

2022年1月

1日(土)  
2日(日)  
3日(月)  
4日(火)  
5日(水)  
6日(木)  
7日(金)  
8日(土)  
9日(日)  
10日(月)  
11日(火)  
12日(水)  
13日(木)  
14日(金)

三ヶ日おんな三代厨立つ

ふゆみん

15日(土)

猫やけに騒ぐ夜なり雪女

里すみか

16日(日)

また言えず趣味は俳句ぞ初日記

紫檀

17日(月)

梅林の梅が開花と便りあり

とみさん

18日(火)

蒼天へ銀光放つ冬芽かな

伊豆六郎

19日(水)

墨の香に浸り一筆ふで始め

ゆっここ

20日(木)

雪だるまビー玉の目は空の青

天風

21日(金)

白髪も美しくあれ年女

ざき

22日(土)

二時間を本屋に遊ぶ小正月

大浦みもざ

23日(日)

門前に赤き実零る松七日

桜月

24日(月)

街並みもあの日を知らぬ阪神忌

ふゆみん

25日(火)

降る雪や眠っては居ぬ猫の耳

田絵

26日(水)

ポケットにのど飴一つ寒見舞い

ゆっここ

27日(木)

吹き溜まる店の裏木戸寒椿

のんき

28日(金)

細文字の閉店知らせ雪中花

紫檀

29日(土)

寒凪や旅は最後と母の言ふ

大浦みもざ

30日(日)

寒菊や一筆箋の文字さやか

まめばと

31日(月)

鯛焼に食いつく我ぞ釣られたる

有野安津

2021年12月

1日(水)

スケボーの舞う空青し息白し

伊豆六郎

2日(木)

思い出の多くは昭和花八つ手

3日(金)

友の織る会津木綿や冬浅し

れな

4日(土)

愛情を一緒に煮込んでおでんかな

星子

5日(日)

茎漬くる明治の桶の黒光り

田絵

6日(月)

一日をしっとり暮らす冬の雨

のんき

7日(火)

山里は色を落として冬構へ

星子

8日(水)

始発待つ人みな独り白き息

れな

9日(木)

逆さまに底より開ける蜜柑箱

流郎子

10日(金)

娘よりおしゃべりインコ冬林檎

紫檀

11日(土)

針ごとに無我になりゆく毛糸玉

ふゆみん

12日(日)

それぞれに身の上あらむ冬の鳥

マチ

13日(月)

夕鐘に犬だけ答ふ師走かな

冬熊猫

14日(火)

言い訳を考えている師走かな

マチ

15日(水)

病む人に優しき嘘や冬薔薇

16日(木)

木守柿表札の名は父のまま

里すみか

17日(金)

冬の星坂本九のあの笑顔

のんき

18日(土)

子は離れ聖夜もただの夜になる

ふゆみん

19日(日)

たたく音窓にうつるは冬の雨

とみさん

20日(月)

ひとときの浮世忘れのツリーかな

五六磨

21日(火)

古雑誌たばねて重し年の暮れ

ゆっここ

22日(水)

賀状書く宛名のきみは知らぬ町

ふゆみん

23日(木)

引き潮に鴨休みたる瀬戸の海

星子

24日(金)

本閉じて深夜ラジオの聖歌聴く

れな

25日(土)  
26日(日)  
27日(月)  
28日(火)  
29日(水)  
30日(木)  
31日(金)