シニアの毎日を、愉しく豊かに。

今日の一句

2022年7月

1日(金)

米どころ青田の風をひとり占め

2日(土)

梅雨寒や母似の形の爪を切る

田絵

3日(日)

甲斐路でははや夏草の峠かな

BEATCAFE

4日(月)

渾身の一歩一歩の歩荷かな

伊豆六郎

5日(火)

補助輪の自転車抜かす夏燕

伊達紫檀

6日(水)

波の打つ欠けた貝がら沖縄忌

里すみか

7日(木)

恙なく昼餉を終えぬ沖縄忌

だらのん

8日(金)

かたはらに異国のいくさ夏至昏るる

まめばと

9日(土)

独り居のビールグラスの虚し泡

ゆっここ

10日(日)

水無月の雨がふるから長電話

風花

11日(月)

見送りは角の紫陽花過ぎるまで

伊達紫檀

12日(火)

夏燕ちょんと水飲む川面かな

ほへと

13日(水)

青空をひっくり返し夏燕

マチ

14日(木)

万緑や浮島めきぬ古墳群

伊豆六郎

15日(金)

廃線の鉄路や夏の草生ふる

冬熊猫

16日(土)

祖母似だと言はれて久し日輪草

まめばと

17日(日)

たれもゐぬ夜の山畑に茄子の花

さとやま

18日(月)

泳ぐとは孤独なりけり青き水

ゆっここ

19日(火)

トンネルの先に記憶の夏がゐた

冬熊猫

20日(水)

寝台車星をつないで帰省かな

ちかこ

21日(木)

引っ越しの始末畳の日焼かな

伊達紫檀

22日(金)

墨染めの褪せて施米の白きかな

ほへと

23日(土)

酔う父の語る自慢の沖膾

ざき

24日(日)

鎌倉は後ひと駅や夏木立

こころん

25日(月)

母ひとり父を迎えに盆の雨

ざき

26日(火)

冷し酒和紙のラベルの肌ざはり

まめばと

27日(水)

青田から青田に消ゆる風の波

28日(木)

夏霧や身幅の間歩に鑿の跡

伊豆六郎

29日(金)

見習いの漁師ひとりの冷し酒

30日(土)

同郷の訛り相席帰省せり

源次郎

31日(日)

夏茱萸やみどりごの指みづみづし

ちかこ

2022年8月

1日(月)

虫干の畳のうらの漢数字

2日(火)

海の日や穏やかなとき短くて

冬熊猫

3日(水)

座布団の薄き老舗や鰻食む

まめばと

4日(木)

妻よりは先逝くつもり鰻めし

寧楽

5日(金)

空晴れて一挙に蝉の空となる

マチ

6日(土)

背伸びして電気引っ張る蚊帳の中

ざき

7日(日)

虫干のダブルスーツは貝ボタン

伊達紫檀

8日(月)

すれ違ふ尼僧の会釈沙羅の花

里すみか

9日(火)

夕顔や電源落とす木工場

まめばと

10日(水)

思い出はいつもやさしい走馬灯

風花

11日(木)

お使いの夜道照らして白槿

冬熊猫

12日(金)

わたすげや雲の後ろの峰遠し

BEATCAFE

13日(土)

夕顔や女将の白き割烹着

伊達紫檀

14日(日)

日の名残あびて色増す日照り草

ゆっここ

15日(月)

たましいも抜かれるほどの猛暑かな

マチ

16日(火)

梅干すや噴き出す塩も酢の香り

伊豆六郎

17日(水)

日の落ちて涼風渡る奥座敷

ゆっここ

18日(木)

夏山の懐に入り荷を解く

冬熊猫

19日(金)

妻の字の梅漬け空になる忌日

源次郎

20日(土)

瞬ける星ひとつ消え蝉生る

里すみか

21日(日)

涼風や日暮れて辿る海の街

22日(月)

病窓の花火は煙にかすれをり

とみさん

23日(火)

帰るとこあるうれしさよ盆提灯

さとやま

24日(水)

早帰り雲より白き月涼し

ちかこ

25日(木)

未だ一件消せぬアドレス秋蛍

ほへと

26日(金)

長電話切りて見上ぐる盆の月

ゆっここ

27日(土)

牽牛花今日の務めは終へにけり

のんき

28日(日)

百二段一気に上り夏の雲

ふゆばれにかける

29日(月)

忘るなかれ知覧の空を赤蜻蛉

こまどり

30日(火)

この風の先に海あり盆休み

マチ

31日(水)

曾孫磨くパラオの木彫り敗戦忌

伊豆六郎

2022年9月

1日(木)

高らかに秋の夕へ駒の音

伊達紫檀

2日(金)

ポストまで会ふ人も無き秋旱

3日(土)

郡上下駄すり減り迎ふ盆の朝

冬熊猫

4日(日)

初風や空はいわさきちひろ色

有野安津

5日(月)

白芙蓉月のひかりを透かし見ゆ

里すみか

6日(火)

夕暮れの往き交ふ人も秋の顔

マチ

7日(水)

ジョギングの挨拶軽し今朝の秋

ふゆばれにかける

8日(木)

新涼や妻の愚痴をも聴きもらし

とみさん

9日(金)

図書館のステンドグラス秋の声

まめばと

10日(土)

虫の音に浸る暮色を纏ひつつ

伊豆六郎

11日(日)

夕間暮れ篠突く雨に白芙蓉

伊達紫檀

12日(月)

月の夜や波打ち際の貝ひとつ

ゆっここ

13日(火)

ゆびきりのゆびきれたまま水引草

ほへと

14日(水)

水引草させば花瓶の白さ増し

まめばと

15日(木)

辻相撲土に嗚咽のガキ大将

伊達紫檀

16日(金)

迷いなく眉墨引けり秋の空

福桔梗

17日(土)

白驟雨退院許可が突然に

とみさん

18日(日)

祝い膳水引の花添えし朝

19日(月)

秋の灯に時を忘れた大時計

伊達紫檀

20日(火)

秋めくや地獄の淵のゆでたまご

まめばと

21日(水)

秋の灯や老眼鏡の古びたる

22日(木)

珈琲豆ゆつくりと挽く霧の朝

冬熊猫

23日(金)

胆振地震あとに拡がる星月夜

福桔梗

24日(土)

桃一つ供え言い訳二つ三つ

醍庵

25日(日)

秋蝶の小翅はげしく振りにけり

のんき

26日(月)

寂しさは飼い慣らすもの鳳仙花

こころん

27日(火)

秋暑し一円切手の無表情

まめばと

28日(水)

曼珠沙華合わせ鏡の奧の奧

里すみか

29日(木)

いなり寿司ぎつしり詰めて稲を刈る

二歩

30日(金)

早稲刈られ身の置き所なき一羽

冬熊猫

2022年10月

1日(土)

犬通る度に零るゝ萩の花

福桔梗

2日(日)

どんぐりや幼日行きのパスポート

ざき

3日(月)

誰ひとり知らぬ星の名賢治の忌

里すみか

4日(火)

曼珠沙華揺れてゐるのは風の方

だらのん

5日(水)

また広む休耕田の蕎麦の花

白地

6日(木)

里離れはや半世紀秋深し

季與子

7日(金)

次に逢ふ約束もせず萩こぼれ

8日(土)

狛犬の耳くすぐって蜻蛉かな

こころん

9日(日)

良いところ似ている親子秋なすび

まめばと

10日(月)

スカーフに女心の案山子かな

まめばと

11日(火)

秋蝶や言葉に浮力もらえた日

里すみか

12日(水)

過疎の村かかしは寝ずの番をする

ゆっここ

13日(木)

車椅子秋の窓辺へ連れ出せり

桜月

14日(金)

冷ややかやポストに落とす文一葉

15日(土)

詩を編むや同じ三日月分け合いて

京はこべ

16日(日)

京菓子を買ひに並びぬ秋うらら

ふゆばれにかける

17日(月)

夕暮れに自転車ふたつ秋の声

とみさん

18日(火)

子の手話を母へ伝える夜長かな

伊豆六郎

19日(水)

秋思ふ猫に悩みをうちあける

徳三郎

20日(木)

去ぬ人の後ろ姿や秋の雨

福桔梗

21日(金)

秋空をとんびは十二階あたり

まめばと

22日(土)

しみじみと独りに余る夜長かな

23日(日)

庭椅子の猫微睡みて秋の昼

桜月

24日(月)

遺されて私の為の梨を剝く

Keiko

25日(火)

友がいて子が居て孤独鰯雲

マチ

26日(水)

背に眠る子の息温し菊の庭

白地

27日(木)

菩提子の落つるところが父の墓

玉依

28日(金)

椋の実や神社の屋根に昼寝猫

伊達紫檀

29日(土)

真夜中に月に誘われ肩を抱き

とみさん

30日(日)

梨の実や甘えることのできた頃

まめばと

31日(月)

秋澄むや野外舞台の神楽笛

伊達紫檀

2022年11月

1日(火)

休日は山里暮らし胡桃割る

冬熊猫

2日(水)

銀杏散る踏めば古代の音響く

マチ

3日(木)

荒波の砕けて月の岬かな

ゆっここ

4日(金)

秋澄むや天目碗の瑠璃煌々

伊豆六郎

5日(土)

秋へんろ今日は夕陽の手前まで

BEATCAFE

6日(日)

秋澄むやけん玉の紐息づいて

まめばと

7日(月)

8日(火)

9日(水)

10日(木)

11日(金)

仰向けば凍て星一つ我を射す

ゆっここ

12日(土)

色褪せし貨車十五両冬隣

まめばと

13日(日)

神々も帰路に就く頃十月尽

冬熊猫

14日(月)

古書市や見る目触るる手文化の日

伊豆六郎

15日(火)

老舗継ぐ孫の決意ぞ新松子

伊達紫檀

16日(水)

林檎剝く君の不器用僕の嘘

大浦みもざ

17日(木)

沈む陽が身に沁む野辺に風の音

とみさん

18日(金)

秋寂ぶや風のぶつかる海の街

19日(土)

焼きたてのパンの包みや冬隣り

踏まれ麦

20日(日)

大小の布靴干すや草紅葉

白地

21日(月)

右頬に寄せる小春のカンロ飴

里すみか

22日(火)

前に抱くリュック勤労感謝の日

伊豆六郎

23日(水)

やわらかな雨降る古道お茶の花

こころん

24日(木)

大根を洗ふジャージの腕まくり

まめばと

25日(金)

冬初め自問自答の日々なりき

26日(土)

天王星月を追いかけ隠れをり

とみさん

27日(日)

夫背に味だけ褒める大根煮

伊達紫檀

28日(月)

売られ行く牛の眼の色冬の靄

白地

29日(火)

トーストのポンと飛び出す小春かな

ゆっここ

30日(水)

枯葉散る空の青さに耐えきれず

伊豆六郎

2022年12月

1日(木)

呟きはたぶん告白冬牡丹

まめばと

2日(金)

3日(土)

4日(日)

5日(月)

6日(火)

7日(水)

8日(木)

9日(金)

10日(土)

11日(日)

12日(月)

13日(火)

14日(水)

15日(木)

16日(金)

17日(土)

18日(日)

19日(月)

20日(火)

21日(水)

22日(木)

23日(金)

24日(土)

25日(日)

26日(月)

27日(火)

28日(水)

29日(木)

30日(金)

31日(土)